「がん」と「悪性腫瘍」

"Cancer" and "a malignant tumor"

「がん」と呼ばれる病気は、早期発見すれば治る可能性の高い病気でもあるのですが、発見が遅れると死に至る可能性も高いことから、未だに非常に怖れられている病気のひとつです。
現在のところ、こうすれば完治する・・・というような決定的な治療法がないというのも恐怖感を抱かせる大きな原因になっていると思います。 がんは、悪性腫瘍という呼ばれかたもしますね。
良性の腫瘍の場合にはポリープなどを指す場合が多いですが、悪性の腫瘍の場合ですとがんを指す場合がほとんどです。
これはあまり知られていないことかもしれませんが、「がん」とひらがなを用いる場合、一般的に悪性腫瘍全般(肉腫を含む)を指して言うことが多いようです。
反面「癌」と漢字で書く場合には、本来は乳がんのことを指すと言われています。
しかし、どちらにいたしましても、悪性の腫瘍であることには変わりなく、ひらがなでも漢字でも充分に意味は通じます。
がんを完治させるための決定的な治療法がまだないと申しましたが、それでも、以前に比べますとがん治療の技術は明らかに進歩しています。
がんの範囲をそれ以上広げないための治療法であったり、がんになってしまった細胞そのものを殺してしまう治療法であったり、以前からありますように、がんに侵された部分を手術によって切除したりする治療法などが一般的ですね。
このブログでは、がん治療など、がん関係のことについて色々と書いていこうと思っています。
現在、がんと診断されて絶望的になっていらっしゃるかたや、もしかしたら自分はがんではないかと心配なかたがたのお役にたてると嬉しいです。

スポンサーリンク